目元の悩み

目の下にたるみができる原因とは

女性にとって、目の下のたるみは美容にとって大敵の存在です。このたるみは、20代後半ころから徐々に見られ始めます。その後、歳をとるごとにたるみはどんどん加速して、化粧ではカバーできなくなります。 そもそも目の下がたるむ原因は、加齢や紫外線で目の周りの眼輪筋が弱くなることで起こります。この筋肉は、目の周りの脂肪を支えています。その支えがなくなることで、一気にたるんでしまうのです。 その他に考えられる原因は、意外にも猫背によるものです。そもそも表情筋は、筋膜によって僧帽筋や大胸筋と繋がっているからです。そのため、猫背の姿勢を続けることで、顔全体の皮膚が下に引っ張られることになります。その結果、目の下にたるみが生じてしまいます。

解消するための施術方法とは

目の下のたるみを解消するために、美容外科ではたるみ取り施術を行っています。これは、目の下のたるみを引き起こす脂肪を取り除く施術です。脂肪を取り除いた後、目の下のまぶたと傷口を縫合することになります。 この施術には、色々な利点があります。その1つが、表面から傷痕が目立ちにくいことです。そもそも目の下の皮膚はとても薄くて、体の中でも傷の目立ちにくい部位だからです。そのため、施術をしたことが周りにばれません。 また、切開時のキズの縫合には、髪の毛より細い透明な糸を用います。抜糸には施術後1週間かかりますが、キズの上からメイクは施すことも可能です。なので、腫れた部分をメイクできちんとカバーすることもできます。